まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

健康 子育て

嘔吐下痢の家族間感染を予防したい!洗濯や消毒の方法とロタワクチン

2016/11/14

561719

毎年寒い季節に流行の波がやってくる嘔吐下痢。「お腹の風邪」と診断されるような軽いものもあれば、ノロウィルスロタウィルスなど感染力や毒性が強いものの場合は家族への感染が心配ですよね。

保育園に通ううちの子は、ノロもロタも経験しました。わが家のケースが参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
  

嘔吐下痢の家族間感染は避けられない?せめてもの予防方法は?

子供が突然吐いた!片づけたそばから、また吐いた!おむつを替えようとしたら、うんちがいつもと違う…水っぽい!白っぽい!匂いも独特!慌てて病院へ行って検査を受けると、ノロやロタなど嘔吐下痢のウィルスだった(><) 嘔吐下痢は、体力や免疫力がない子供に多く流行します。うちの子も、0歳から保育園に預けているので、園で流行ると感染は避けられませんでした。 嘔吐下痢には特効薬というものはなく、症状に対しての処置をする対症療法だけです。かかりつけの小児科の先生には、吐き気止めや下痢止めも、激しい症状を抑えるためにある程度は使うけれど、排せつすべてを抑え込まずに、早く体の外にウィルスを出した方がいいと言われました。

お世話をする自分が倒れるわけにいかない、下の子に移ったら大変、家族に感染しないようにしたいと思うのは当然ですが、限界があります。実際、先生に相談したら、「常識的な範囲で十分。」と言われました。

なので、できることといえば、嘔吐下痢の子の服は一度バケツなどで別に洗ってから洗濯機に入れる、タオルを別にする、ドアノブなどみんながよく触れるところを消毒液で拭く、家族みんなで手洗いうがいを念入りにするなどです。

嘔吐下痢の汚れ物の洗濯や消毒の仕方は?

嘔吐下痢の症状では、服やシーツなどの洗濯物が量産されます。家族で感染しないためにそれらを徹底的に除菌したくても、目に見えない菌が相手では限界があります。ネットなどの情報でマスクや手袋をつけて処理、ハイターや煮沸で消毒と言われても、わたしはその都度そんなことができる余裕がありませんでした。

実際に、わたしのかかりつけの小児科の先生も、そこまで徹底的にする必要があるのは、免疫が落ちているひとが集まっている病院や小さな子供が集団生活を送る保育園など特定の施設で言われることであって、それを家庭に持ち込むのは過敏なことだし無理だとおっしゃいました。

洗えるものは汚れてもいいけど、ベッドのマットレスは汚さず済むように防水シーツやバスタオルをたくさん敷いていました。嘔吐は突然なので、ビニールを被せた容器を取るのが間に合わず、素手で受けたりしていました(^^;

スポンサードリンク

排せつ物がついたおむつやティッシュなどはビニール袋にいれて口を縛って捨て、洗濯物は汚れをお風呂で洗い流して、普通に洗濯機で他のものと一緒に洗いました。シーツなどもあると干す場所が足りなくなるので、近所のランドリーで乾燥機にかけて、「これで熱消毒にはなっているだろう」と考えて、洗濯槽を消毒したりはしていません。シーツを通り越してマットレスがちょっと湿ってしまったかな?という時には、部分的にアイロンをかけました。

こんな感じで素手でお世話していたわたしですが、嘔吐下痢の症状は出ずに無事でした。なぜか、残業や出張でほとんど家にいない主人が「ちょっとお腹の調子が悪いかも」と言っていましたが…。おそらくわたしも主人も同じように感染はしてるけど、疲れて弱っている状態だと発症するということだと思いました。

感染を防ぐのが無理だとしたら、一番重要なことは感染を防ぐことではなく、感染しても発症を抑えるような抵抗力をつけることですね。

受けていて良かったロタウィルスワクチン

食事・睡眠などの体調管理以外では、抵抗力をつけるものとして予防接種がありますね。赤ちゃんが任意で受ける予防接種のなかに、ロタウィルスワクチンがあります。

ノロウィルスに比べると知名度が低いかもしれませんが、ロタウィルスはノロ以上に強烈な嘔吐下痢症状を起こします。症状も激しく回復に時間もかかるため、小さな子供が発病すると本人はもちろん、看病する親も何日間も仕事や家事がままならない状態になります。子供の予防接種の中で、ロタウィルスワクチンは任意で高額でしたが、フルタイムワーカーでもあるわたしは子供に接種させました。

そして案の定、わが子は保育園入園後のロタウィルスにかかりましたが、嘔吐や下痢は1日で収まり、数日で元通りの生活に戻れました。ワクチンを受けることで、絶対かからないわけではなく、かかったとしても免疫のおかげで軽度で済むのです。

嘔吐もつらいですが、繰り返す下痢もまた、おしりがズルっと剥けたように赤く荒れたりして悲惨です。またいつ吐くかわからない子供をドキドキしながら抱えて、小児科と皮膚科をはしごしたのを覚えています(><) たった1日でさえ、感じることを言葉で伝えるのもままならない小さな子が嘔吐する苦しそうな姿、おむつ替えのたびに痛がって泣きわめく姿は、本当に見ていられません。できるなら代わってあげたいのに、と思います。これが脱水症状で入院となったり、数週間にわたると思うと…高額でも受けておいて本当によかったです。この経験上、下の子が生まれたときも迷わず接種しました。

専業主婦であるわたしの妹は、自分の子に接種させるか悩んでいましたが、幼稚園まで集団生活の予定もないことから接種しませんでした。
でも、その子が幼稚園に入るころに生まれた下の子には、上の子がいろんな病気を持ってくることを考えて接種したそうです。

まとめ

家庭内で嘔吐下痢ウィルスの感染を完全に防ぐのは難しいので、消毒に神経質になり過ぎず、感染に負けない元気な体づくりを何よりも大切にしましょう。

ノロ以上に激しい症状となるロタウィルスは任意の予防接種でリスクを軽減できるので、集団生活や兄弟の有無も考慮したうえで接種を検討してみてください(^^)

スポンサードリンク

-健康, 子育て
-