まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

住まい・暮らし

お風呂掃除はカビ取り剤を使わず安全に!重曹・クエン酸掃除法と注意

2016/11/14

511971

家族で毎日使うお風呂。カビや水垢をきれいにするのに、強力な塩素系洗剤ではなく安全なもので汚れが落とせるなら、その方がいいですよね。重曹とクエン酸を使ったお風呂掃除を紹介します。

スポンサードリンク
  

お風呂の掃除をカビ取り剤は使わず安全に!

汚れやすいお風呂掃除の強い味方といえば、カビ取り剤ですよね。スプレーして放置して洗い流すだけ、と手軽で助かります。

でも、成分が強力なだけに、そのツンとくる匂いや、肌につかないようにしなくてはいけないほどの刺激は気になりますよね。

肌の弱い人、小さな子どもがいる家庭などは、安全性を優先させたいと思うのではないでしょうか。お風呂場には、子供のおもちゃなども置いていたりしますよね。

お風呂掃除にも、台所掃除で活躍する重曹とクエン酸が使えますよ。何でも全部を強い科学洗剤に頼るのではなく、安全で優しい重曹とクエン酸でまず落とせる汚れを落としてみましょう。汚れの種類によっては、今まで使っていた洗剤よりも、こちらの方がピカピカになる!という場合もあるかもしれませんよ(^^)

お風呂で一番の悩みのカビはには重曹を

浴室には窓がない場合も多く、十分な換気ができないと発生してしまうカビ。特に水滴が長時間残りやすい洗い場の床は、カビができやすいですね。このカビには、重曹をクレンザー代わりにしてこすりましょう。

牛乳パックを短くカットしたものやお豆腐が入っていたパックなど、使い捨てにできる容器に重曹を粉のまま入れて使います。

タイルなど広い面にはちょっと硬めのスポンジ、目地などの細かい部分には使い古しの歯ブラシなどに重曹を付けて、こすり洗いします。

また、床と同様にお風呂のイスや洗面器にも水分や石鹸カスが残りがち。この石鹸カスもカビの大好物として、カビをできやすくしてしまうんだとか。

床と同じ要領で磨く前に、お風呂の残り湯に重曹を加えた温かい重曹水に2~3時間ほど浸けおきしておくと、さらに汚れが落としやすくなります。

浴槽や床など含め、最近の浴室用の素材は、強度・耐久性に優れたものになっていると思いますが、重曹が研磨剤の役割をするので、傷がつく心配のある場合は、目立たないところで少し試してみてから進めてみてくださいね。

スポンサードリンク

表面についた汚れならこすり洗いで落ちると思いますが、目地材やゴムのパッキンの中に浸透してしまった黒いカビの根などは、重曹などでは落ちない場合もあるかもしれません。そんな汚れには部分的にカビ取り剤も使うようにすることで、刺激の強い薬剤の使用を最小限に抑えることができますね。

お風呂の鏡などの水垢はクエン酸でスッキリ

水垢にはクエン酸が活躍します。わが家は浴槽を洗うのもクエン酸です。クエン酸水のスプレーを吹きつけてスポンジでこすると、ザラザラした汚れがすっきり落ちます。

小さじ1杯のクエン酸を水200mlで溶くのが基本の濃度ですが、汚れの度合いによっては水ではなくお湯にもっと多くクエン酸を加えた高濃度のクエン酸液を使うのも効果的です。

浴槽以外では、鏡に白くウロコ状についた水垢、気になりますよね。石鹸をつけてスポンジでこすってもなぜか落ちない…と思っているひとも多いのでは?

あの白いウロコ汚れ・くもりの正体は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが石灰化したものです。
アルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸スプレーで浮き上がらせることができます。

コツは、ただ直接スプレーするだけでなく、キッチンペーパーを張り付けてそこにスプレーすること。そうすることでクエン酸がすぐに流れ落ちずに、長時間汚れに働きかけてくれます。乾燥しないようにキッチンペーパーより大きめにカットしたラップで覆うとさらに効果アップです。

2~3時間放置してラップとペーパーをはがし、やわらかいスポンジでこするとピカピカに!磨いたあとは、水でよく洗い流してください。

安全で水垢に効くクエン酸ですが、注意しなくてはいけないことがあります。

まず、混ぜるな危険との注意書きのある塩素系洗剤と同時に使うのは厳禁です。クエン酸(酸性)と混ざることでガスが発生して危険です。

重曹やクエン酸などで落ちなかった汚れに部分使いする場合などは、洗い流して一旦掃除を終えたあとに、改めて単品で使用しましょう。
(重曹とクエン酸は混ぜても安全なので、このふたつは同時に使えますよ。)

また、大理石やアルミなどの金属は腐食させる可能性があるので使えません。

鏡の種類によっては、くもり止めの加工がされているものがあったりするので、その場合は加工の効き目を損なう恐れがあるのでクエン酸はやめておきましょう。

クエン酸でパック状態にして2~3時間の放置はしますが、そのまま1晩おくなど極端な長時間の放置は材質を痛めることになるのでやめましょうね。

まとめ

汚れによって重曹とクエン酸を使い分けることで、お風呂場のほとんどの汚れが安全に落とせます。ただし、重曹は研磨の傷、クエン酸は塩素系洗剤との併用厳禁などに注意しましょう。ツンとくる匂いが苦手なひとも、これで安心してお掃除ができますね(^^)

スポンサードリンク

-住まい・暮らし
-