まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

お付き合い・マナー

飲み会 お酒が飲めない人の上手な断り方と下戸なりの楽しみ方

2016/11/14

5f6f111f408dd5127a4fccb7d54e4c9e_s

お酒がまったく飲めない。弱いなんてレベルじゃない。それでも忘新年会や歓送迎会など職場の飲み会は避けられないし…。

お酒が飲めないと、お酒を飲めるひとから「つまらないやつ」と思われないか不安になりますね。下戸でも飲み会に上手に参加するにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク
  

飲み会はお酒が飲めないとダメ?

先日は酔わないようにするためのお酒対策についてお話しましたが、そもそも「お酒を飲む」という選択肢さえないひともいますよね。わたしやわたしの夫がそうです~。

お酒を飲めないのがコンプレックスだと、「場をしらけさせてしまうかも」とか「飲めないの?(おもしろくないやつ)」と悪い印象を持たれてしまいそうとかいろいろ考えてしまいますよね。

じゃあ参加しなければいいのかというと、社内行事的な意味合いが強い飲み会の場合はそういうわけにもいきません。

「参加しなくちゃいけないけど、飲まずにいることが気まずい」「飲めないことで、上司の評価が下がってしまうかも」と思っているあなた、大丈夫です!

気にしたいのは、お酒が飲める飲めないじゃなく、飲み会に参加するかしないかの方です。お酒が飲めなくても参加して、その場を楽しめていればまったく損はしないと思いますよ。

お酒が飲めても悪酔いしてしまうひとの方が、よっぽど印象は悪いですよね(笑)

飲み会でのお酒の上手な断り方は?

まず最初に、「飲めません」とはっきり宣言してしまいましょう!そして、「飲めないけど飲み会の場の雰囲気は楽しくて好きなんです♪」とアピール。

スポンサードリンク

「もし飲ませるんだったら、倒れたあとの面倒お願いします」なんてお断り方も笑いに変えてしまえば、雰囲気を壊さず楽に断れますよ(^^)

飲めないって言いながら、相手に押されて「じゃあ少しだけ」なんて頑張ってしまうと、「なんだ、飲めるじゃない♪」と思われてしまいます。飲めない人が無理して飲んで、動けない状態になってしまうと最悪です。明るく、丁寧に、でもはっきりと断ってしまってくださいね!

ちなみに、うちの夫は転職後はじめての飲み会で無理をして、会社の方々にお店のトイレから運び出されてタクシーで送還されました…。それ以来、夫にお酒をすすめるひとはいません(^^;

お酒が飲めない下戸なりの楽しみ方

ただ断って終わりでは、相手も楽しくありませんよね。単純に「飲めないのか、つまらないなぁ」と思うひともいれば、「飲めないのに参加して、気の毒だなぁ。自分たちばっかり飲んで申し訳ないなぁ」なんて思う優しいひともいます。

でも、飲んでなくても本人が楽しそうにしていれば、相手も楽しくお酒が飲めます(^^)酔ってる人のテンションを邪魔しないことが大切なんです。

飲み会のときは、注ぎ役・聞き役へ徹してください。お酒を注がれそうになったら、「いやイヤいや」とかニコニコしながらかわして、「まぁまぁ」とか言いながらこちらがお酌しちゃいましょう。そして相手の話をひたすら聞いてあげます。相手は面白いくらい機嫌よく飲んでくれると思いますよ。

自分は飲まなくても、やはり「飲みにケーション」は大事ですね。お酒の席で見せる上司や同僚の意外な一面、貴重な話などを、しっかりたのしみましょう。同じお金払うなら、お酒飲まない分そこを楽しまないと損ですよね!

ただし、コミュニケーションそっちのけで食べることに走るのはやめましょう。かなり印象悪いです(^^;

お酒が飲めないひとの飲み会まとめ

お酒が飲めなくても飲み会参加は歓迎されます。お酒は明るく断りつつ、飲んでる人のテンションに合わせて、自分も場を楽しめば大丈夫です!!
お酒を飲まないのに、毎回飲み会を仕切ってるひとも多いくらいですよ(^^)

スポンサードリンク

-お付き合い・マナー
-