まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

季節のイベント

太宰府 光明禅寺の紅葉。天満宮や九州国立博物館と併せて行きたい!

2016/11/17

img_1783

福岡にある学問の神様として有名な、太宰府天満宮。せっかく参拝するなら立ち寄りたい紅葉スポットを紹介します(^^)わたしも大好きな場所です。大人だけでも、子連れでも、何度もお庭を見に行っている素晴らしいお寺ですよ~。

スポンサードリンク
  

大宰府の光明禅寺の紅葉

太宰府天満宮すぐ近くの光明禅寺。

それまで何度も太宰府天満宮に訪れていたわたしも、こんなに素晴らしいお寺の存在を知ったのはかなりあとでした。常に人が多い天満宮から1本道を入っただけなのに、光明禅寺はそれほど人が多くないのでゆっくりと過ごせてお気に入りです。

石を配した仏光石庭(ふっこうせきてい)という前庭にも美しい紅葉がありますが、メインは裏庭。

img_1891

苔で陸を、白砂で大海を表現した 一滴海之庭(いってきかいのにわ)です。縁側のような廊下からこの美しい石庭の紅葉を眺めていると、時間を忘れそうです。

紅葉の季節には茶室も解放されます。この茶室のしつらえ自体もなんとも趣があって引き込まれるのですが、ここからの 一滴海之庭切り取るようにした眺めも素晴らしいです。

通称「苔寺」と言われるくらい苔が美しいんですよね。紅葉の時期はもちろんですが、新緑がまぶしい季節もまた素敵なんですよ~。

季節を変えて何度でも行きたくなる空間です。ぜひ味わってみてください。

見頃とおすすめの時間帯

紅葉の見ごろは11月20日前後。光明禅寺は平地にあるので、耶馬渓などの山手よりも色づきが1週間ほど遅い感じです。

スポンサードリンク

紅葉時期でも大混雑とまではいきませんが、特に週末はお昼に近づくにつれて参拝客が増えてきます。朝10時までの早い時間だと、じっくりとお寺の紅葉を楽しめると思います。禅寺ということで、わびさびの世界観に浸るのは静かな午前中がおすすめです。週末のピークの時間帯だと、駐車のために渋滞や駐車場の空き待ちも多少起こりますしね。

朝の早い時間帯だと、車もサクッと止められて、紅葉も落ち着いて味わえて、人があふれ出すころには、スイスイと太宰府天満宮をあとにして次へ行けます。九州国立博物館へもそのまま歩いていけるようにつながってるし、せっかく車で来たなら、竈門神社の紅葉を見に行くのもいいですね♪

もちろん出る前には太宰府天満宮にもお参りすると思いますが、ちなみに、紅葉時期の太宰府天満宮のおみくじは紅葉色になります。境内各所に結ばれたおみくじのグラデーションは美しく、もうひとつの粋な紅葉ですよ(^^)ぜひ楽しんでくださいね。

光明禅寺へのアクセスと拝観料とトイレ

場所は西鉄電車の太宰府駅から徒歩5分。参道からだと徒歩3分。とっても近いです♪

光明禅寺専用の駐車場はないので、お車の場合はまわりのパーキングを利用します。西側に太宰府天満宮参拝者向けの大型駐車場があります。その他もっと境内に近い住宅の間には、個人でやっている小さな駐車場もあちこちたくさんあるので、混雑時に多少の待ち時間は出ても駐車場所には困りません。

  • 住所:福岡県太宰府市宰府2丁目16-1
  • 参拝時間:8時 ~ 17時
  • 拝観料:200円(入り口のお賽銭箱のようなところに納めて、お寺の中へ入ります)
  • 光明禅寺は、大宰府天満宮の参道を進んで一の鳥居を右に入る道の奥にあります。撫でるとご利益がありそうな牛さんまで行かず、鳥居の手前に案内板も出ています。(案内所裏、甘木屋さんとの間を行きます。)

    光明禅寺で慌てることがないよう、この案内所のトイレを利用してから向かうといいと思いますよ!

    また、入り口から階段になっていて、手すりは設置してありますが、境内寺院内も段差が多くあります。足元に気を付けてご参拝くださいね。

    スポンサードリンク

    -季節のイベント
    -,