まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

子供の行事

成人式の振袖は購入かレンタルか。メリットデメリットと相場を比較!

2016/11/14

06910141049a01a7692e58fa054be39f_s

今度はうちの子も成人式。百貨店の呉服売り場に飾られた振袖につい立ち止まったり、なぜかお店から振袖の展示会のDMや電話連絡が来ますよね。

なんで娘が成人式って知ってんの?!と怖くもなりますが、どのみち振袖は用意するわけです。そこで悩むのが、レンタルにしようか、購入の方がいいのか、そして費用がいくらかかるのかということ。まとめましたので、比較検討してみてくださいね(^^)

スポンサードリンク
  

成人式の振袖 購入のメリットとデメリット

デメリット

  • レンタルよりも高額
  • 成人式の1回きりしか着なかったら、かなり贅沢な買い物になる。

  • 保管・手入れが大変
  • 場所を取るし、着ていなくてもときどき出して虫干しをしなくてはいけない。
    お手入れに出すと、洋服のクリーニングに比べて特殊で高額。(10000円以上かかることも多い。)

    メリット

  • 他の子とかぶらない
  • レンタル振袖は似たようなものが多い中、誂えた振袖は「あ、レンタルじゃないな」とわかるオーラがあります。

  • 成人式以外でも着られる
  • お正月・学校の卒業式・親族の結婚式・結納・結婚式でのお色直しなど。振袖から訪問着に仕立て直して着続けられる。

  • 自分以外にも着てもらえる
  • 姉妹で共有したり、歳の違う従妹に貸したり。いつか孫娘が生まれたときにも世代を超えて活躍するかも

    金額にかなり幅があるのは購入もレンタルも同じですが、「底値」を比べたときにやはり、購入の方が高いです。

    そして買う時の価格だけじゃなく、自宅での保管という手間のことも含めて考えましょう。振袖は着付けに必要な小物一式もあると結構場所を取ります。

    「成人式のあとにも着る機会がある!」と思っていても、保管がまずくてシミが浮き出ていたり傷んでしまっていた…なんてことも。着物を「洗い」や「シミ抜き」には1回に5000円以上の費用がかかります。おうちに桐ダンスがあればいいですが、今の世代にはなかなかないですよね(^^;

    保管と同じく、成人式以外で何回くらい着るかも本人次第です。娘さんが和服を好きになり思い入れも強いと「できるだけたくさん着たい!」となるでしょうし、逆に、友だちの結婚式にはそのまま2次会にも行けるようにワンピース、自分の結婚式も全部ドレスが着たい、という娘さんだと成人式の1回限りになることもあります。

    振袖の購入は、こうして費用や保管の手間を考えると、今のライフスタイルにとって合理的とは言えないものですが、それをすべて吹き飛ばす最大のメリットはやはり、「娘に振袖を買ってあげたい」という親心が満たされること、そして娘側には「特別なものを買ってもらえた」という嬉しさがあるということだと思います(^^)

    「一生に一度の成人式に、親が自分のためにあつらえてくれた振袖なんだ」をいうありがたみや喜びは、二十歳のときよりもあとになって大きくなっていくはずです。(わたしはそうでした!)自前の振袖を大切にして、何度も袖を通す度に嬉しい思い出が重なっていくのっていいですよね♪

    成人式の振袖 レンタルのメリットとデメリット

    デメリット

  • レンタルの度に費用がかかる
  • 何度も着る機会があれば、予約のたびに時間とお金がかかるのが大変と感じる

  • 自由度が低い
  • 早いもの勝ちで予約が埋まっていくので、後になると選択肢が少ない。

    メリット

  • コストを抑えれる
  • 質を求めなければ、かなり低価格のものが見つかる。

  • 毎回違う振袖を着られる
  • その時の気分や流行に合わせた色柄を大胆に選べる。買おうとしても手に入らないアンティーク着物なんかも大人気ですね。

  • 保管の大変さがない
  • 自宅で場所をとることも、気を使うこともない。

    スポンサードリンク

    とにかく費用を抑えたいという場合はレンタルです。3万円くらいから借りられるところもあります。

    ただし、格安の振袖は選べる範囲は狭いと思った方がいいです。小物の組み合わせも決まっていて自由に組み替えたりできなかったりするので、もっと満足のいく衣装選びをした結果、レンタルでも最低価格ではなく10万円以上するものに着地することも多いです。

    レンタルも回数が重なると「購入できたのでは?」となりますよね。振袖は成人式だけ、もしくはその後の卒業式の2回だけ。という娘さんならレンタルでもいいと思います。実際にほとんどの方がそうです。

    「成人式以外に着る機会があるとしても、毎回違うものを着る方が楽しい!」と思うタイプのお嬢さんにもレンタルがいいですね。購入だと、長く着られるものを慎重に選びたくなりますが、レンタルならその時その時で気に入るもの、似合うものを思い切り楽しめます。

    また、下に妹さんがいても体格や雰囲気が違えばひとつの振袖をそのまま着られなかったり、そのまま着て問題ないとしても妹さんが「おさがり嫌だな」と思うことも多いと思います。それぞれに似合った着物を着るために妹がいてもレンタルというひとも多いです。

    なにより必要な時だけ借りることで、保管のわずらわしさがないのは思った以上に助かりますよ。うちの実家には着る機会がなかなかないのにたくさん着物があって大変です(^^;

    成人式の振袖の相場は?

    購入品もレンタル品も、とにかく価格の幅が大きい振袖。購入だと20万円~100万、200万と上は天井知らず、レンタルだとネットで3万~30万円くらい、ブランド着物など高級な振袖だとレンタルでも50万円ほどすることもあります。

    着物の値段というのはかなり不透明で、上記のようにピンキリだということはわかっても、「相場」となるとはっきりいってよくわかりません!

    購入でもレンタルでも、振袖と着付け小物以外に、前撮り写真やヘアメイクや着付け代など目に見えないサービスがあったりして、しかもそれがお店ごとにサービス内容が違うので比較も難しいんですよね。

    ただし、「相場」はなくても「予算」はありますよね。なので経済的に無理ない予算を決めて、その金額内で娘さん本人が気に入る振袖を探すのがいいと思います。

    ちなみに最近の成人式振袖の予算としては、レンタルする人でも25万円前後が平均的。当日だけじゃなく前撮りの着付け・ヘアメイク・写真代も含まれての価格ですが、「えっ、そのレンタル料なら購入もできるのに?!」ってなりますよね。そうなんです、レンタルでも購入でも、意外と費用面同じ!ということはみなさん予算ベースで振袖を選んでいるということです。

    高いランクのレンタル振袖で25万円か、お手頃な振袖フルセット購入で25万円か、という感じですね。

    「レンタル振袖は安いと思っていたけど気に入ったものを選ぶと20万円のものだったから、それならレンタルやめて購入しちゃおう、少なくとも卒業式でもう一回は必要だし!」とかよくあるパターンです(^^;

    逆に、親としては100万円する立派な振袖を仕立ててあげようとしたのに、娘さん本人はペラペラの化繊でできたバラ模様なんかの邪道な(苦笑)振袖を着たがったりということもあります。

    結局は、振袖を選ぶ基準をどこに置くか、ということが重要だと思います。何をもって「良い振袖」と言うのか…これって満足度の問題です。ものの価値は金額だけでは計れないので、高い着物ほど良い振袖とは思いません。

    25万円というのも、予算5万円のひともいれば100万円のひともいての「平均」です。今後何回着られるかわからない振袖にかける金額はあえて控えめにして、浮いた分で腕時計などの実用的な記念品を贈るのもいいですしね。

    親心も伝えつつ、何より娘さん本人の希望を大切に、親子での「満足度」を基準に決めてください(^^)

    成人式の振袖を買うか借りるかのまとめ

    成人式の振袖は購入とレンタルそれぞれにメリットデメリットがあります。高くても安くても、購入でもレンタルでも、予算内で満足度の高い振袖選びができればそれが正解です!その予算は振袖そのものだけじゃなく、トータルの金額で考えてくださいね。

    どんな振袖を選んでも、二十歳のお嬢さんが着ればとにかく美しいものですよ(^^)

    スポンサードリンク

    -子供の行事
    -