まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

住まい・暮らし

自分は断捨離しても旦那の物が多い!夫の考えを変えて家を片づけた方法

2016/11/14

0b90d7f22681efa4c6ab1ad8537f90e3_s

先日は断捨離のコツを紹介しましたが、断捨離スイッチが入って持たない暮らしの快適さを味わうと、ますます断捨離にはまってどんどん物を減らしたくなります。

そんな断捨離加速中のあなたを悩ますのが、物を溜め込む旦那さん。わが家もなるほどでしたが、今では夫も物を減らすことに協力的になりました。

スポンサードリンク

ぶら下がり健康機で大げんか

断捨離したい私からすれば、「それもう要らないよね?」というものでも、夫は「使ってなくても要るんだよ。もう手に入らないんだ。大切なんだ。何でも捨てようとするな。」と言い張ります。

具体的には小説やバイク雑誌のバックナンバー、バイクに乗っていたときの革ジャンやブーツ、ボロボロのスニーカーなんかの「青春時代の思い出」的なものですね。知り合ったときにはもうバイク持ってなかったし、そこからさらに年齢も重ねてライフスタイルも変わっているのに、執着がすごかったんです。

夫は結婚前まで実家暮らしだったので、結婚当初はわたしが住んでいた狭いワンルームマンションにふたり暮らしでした。自分のものを減らして夫が持ってきた荷物を収めたこともあり、何度も(私)「捨てれば?」(夫)「捨てない」を繰り返してくすぶっていましたが、とうとう炎上するきっかけになったのがぶら下がり健康機です。あらためて新居を決めたとき、広くなったからと実家からぶら下がり健康機を持ってきたのです( ゚Д゚)

本や服や靴はなんとか整理して収納に納めていたのですが、さすがにぶら下がり健康機は大物とあって目障りすぎます。昔流行ったものとして知ってはいましたが、実物初めて見ましたよ、ぶら下がり健康機。室内干しにするにも、幅が狭くてたいして服をかけられませんでしたねー。おしゃれさのカケラもないし、ほこりがたまって床掃除も大変だし、何よりぶら下がらないくせに「必要」というのが謎すぎて、本当にイライラしました。

で、この「ぶら下がり健康機要る要らない問題」で、もう一緒に暮らせないんじゃないかってくらいの大げんかをしました(^^; くだらない理由なのに、本当に大炎上でお義母さんにまで説得してもらったり、ほんと険悪な状態になりましたー。

「捨てろ」というのは逆効果

どうしてこうなったのかを考えてみたときに気が付いたのですが、わたしが夫のものを捨てたがったのがいけなかったんですね。

スポンサードリンク

断捨離にハマるあまり、居心地の良い空間を作るという本来の目的を置き去りにして、いつの間にか捨てるのが目的になっていんじゃないかと反省しました。家族って何でも許されるような感覚になりがちだけど、もともとは他人で別の人間ってことを思い出しました。

相手を尊重することって、時にむずかしくて本当に大切なことですよね。夫にしてみれば、自分のものを処分されそうになることで、「なんかオレ、尊重されてない」と不満を感じたから「捨てるな!」と意地になっていて、これってなんだか、「太陽と北風」のお話みたいなものかなと思いました。

無理やりこちらの考えを押し付けても、相手を動かせるものでもないんですね。夫が捨てたくないんなら仕方ないと思うことにして、決まったスペースに収まるように整理するという方向に落ち着きました。無理強いして捨てることで家はすっきりしても、夫婦円満じゃなくなるなら居心地がいい暮らしじゃないですよね。実際こちらがそう反省したら、夫はぶら下がり健康機を実家に戻しにいきました。(捨ててはない。笑)

フリマアプリのおかげで断捨離に開眼

その後も自分のものは断捨離続行していたので、それを見た夫が「それも捨てるの?もったいなくない?せめて売れば?」と言います。

わたしは短気で面倒くさがりなのでヤフオクとか使ったことなかったのですが、夫はヤフオク好きでよく使ってました。なので、「じゃあこれヤフオクに出してよ。売れたらそのお金は自分のお小遣いにしていいし」といくつか丸投げしたんです。

たまたまそれが思ったより高く売れて、旦那さん大喜び。「ブーツとか、実家にある古着、ビンテージで人気ありそうだから売ろうかな」って言い始めたんですよ。メルカリも利用者も増えてきて、ものによってはヤフオクより高く売れることもありそうだよ~ってアドバイスしたらますます乗ってきて、これまで意地で手放そうとしなかった物をどんどん出品するようになりました。

最初は売上金が目的ではじめたことですが、途中からは断捨離のすっきり感を味わうようになっていったみたいです。

昔の趣味=過去の自分への執着を手放して、売上金は今の自分に必要なものに投資するようになりました。独身時代のバイク関係のものは処分して、今の趣味である一眼レフカメラ関係のものを手に入れては家族写真を撮ってくれています(^^)

処分するだけのほうがすっきりはするんですが、5個処分して1つ手に入れるような感じなので、それでいっか!と思ってます。相手を尊重すること、歩み寄りが大切ですからね。

というわけで、自分のものを捨てたがらない旦那さんには奥さんのものを処分させて断捨離体験させるという方法、おすすめです!

スポンサードリンク

-住まい・暮らし
-