まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

健康

食べ過ぎをリセット!正月太り解消の為の食事と簡単な運動不足解消法

2016/11/14

449590

クリスマスから忘年会にお正月と、楽しい食事が続いた年末年始。「はぁ~、もう仕事が始まるのか~」と思うころ、なんだか自分の体が重たくなってることにも気がつきますね(^^;

そんな正月太りのリセット法を紹介します。

スポンサードリンク

お正月の食べ過ぎは早めにリセット!

実家に帰っておせち料理に囲まれてゆっくりしたり、地元の友だちとのプチ同窓会で飲んだりと楽しかったお正月。年末年始でちょっと食べ過ぎたかな~って体重計に乗ってみたら、その数字を二度見しちゃう( ゚Д゚)

そんなお正月の体重増加は、だいたい2~3㎏というひとが多いです。短期間でそんなに増える?!ってびっくりしますよね~(^^; でもそんなに心配なくても大丈夫、普段の生活が健康的だったら1週間もすれば元の体重に戻ります。

それでも仕事の通常業務が始まったと思ったら新年会のお誘いが続々と…なんてことがあると、なかなか体重が元に戻らないときもありますよね。その場合そのままの体重が定着しちゃうと困るので、ちょっとした対策をおすすめします。

正月太り解消におすすめな食事は?

せっかくの楽しい集まりで「太るかも」なんて、ガマンしたくないですよね。その場は食べて飲んで楽しんで、その分を他の食事のときに調整しましょう。

飲み会で食べ過ぎたな~ってなった次の日に食事を軽くしてバランスを取ります。食事を抜くなど極端なことをすると逆に痛い目を見るので、程よい控え方が大切。仕事での集中力がなくなったり、ガマンの反動でドカ食いスイッチが入ったりは困りますよね!

朝:野菜ジュースだけ

ジューサーで自家製できれば一番いいけど、なかなか難しいですよね。市販の野菜ジュースは甘くて飲みやすい分カロリーも高いことがあるので、トマトジュースや青汁もおすすめです。粉末タイプの青汁は持ち歩いて外出先でも飲めるし、ストックしておくにも便利ですよ(^^)

昼:バランスのいい定食

ジュースだけで過ごして、お昼はしっかりお腹がすいています。そこでがっつかずに、一汁三菜のメニューで普通の量にします。たくさん噛んでゆっくり時間をかけて食べること、おかずの中でも野菜を先に食べることがポイントです。メインのおかずは揚げ物などを避けて焼き魚などが選べるとベスト。お肉でも鶏肉にしたりと、意識します。

夜:お鍋や温野菜(主食は無しか、少なめ)

夜は炭水化物を控えましょう。まったく抜きにするのがつらいなら、1/3の量までにします。お昼ごはんと同様に、よく噛んでゆっくり食べてくださいね。早食いは食事を味わえないし食べ過ぎるし消化も悪くなるし、良いことがありません。

おすすめはお肉やお魚は少なめ、豆腐と野菜をたっぷりのお鍋です。代謝を上げてくれるショウガも入れます。ポン酢やゴマなどのタレやネギなどの薬味で飽きずに楽しめますよ。食べる時間帯も、寝る直前とか深夜にならないようにしたいですね。

スポンサードリンク

簡単な不足解消法、これならできそう!

食事法とあわせて運動もするのがダイエットの黄金ルールですよね。

ただ、運動した方がいいのはわかってるけど、思うようにいきませんよね~。わたしも昔から運動がダメで、この季節に外を走ったりすることを考えるだけで、「あ 無理。」ってなります。

ジムに通えたらいいかもしれませんが、お金もかかるし時間もつくれそうにありません。なので、普段の動きを運動の代わりにするのがいいと思います!食事同様、極端なことを頑張ろうとしても出来ません(^^;

●朝の通勤を乗り物から自転車に変える、一駅手前で降りて歩く。

●移動や買い物など、歩くときは背筋を伸ばしてお尻をキュッと引き締めて早歩き。

●掃除や洗濯物干しのときにつま先立ちしたり意識した体を伸ばす。

●物を取るときにウエストをひねる動きを入れて反対側の手で取ってみる。などなど。

朝少し早起きして、人目が気にならない自宅で本気でラジオ体操をしてみるのもおすすめです。「本気で」が大切ですよ。今ではみんなおしゃれに「ヨガ」ですが、知らないひとはいないこのラジオ体操、ちゃんとやってみるとかなりいい有酸素運動になるように考え抜かれた名作です!

こういう運動は朝に取り入れます。朝の方が身体と脳を目覚めさせて効果的だし、夜だと疲れていてやる気になりませんよね~。寝る前は、お風呂に使って温まった体でストレッチできればベストです(^^)

正月太り解消法のまとめ

お正月の一時的な食べ過ぎ飲みすぎで増えた体重は、特にダイエットしなくても普段の生活に戻れば自然と落ちます。それでも落ちにくいと感じるときは、簡単な食事法や運動法を日常生活の中で取り入れましょう。

歓送迎会でまた飲み会が増える前に、リセットの習慣をつけておくと安心ですね(^^)

スポンサードリンク

-健康
-,