まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

お付き合い・マナー

お歳暮でもらって嬉しいものと嬉しくないものは何?金額の目安は?

2016/11/14

99237516767e96889d22f63540df3a1b_s

お歳暮を送ると決めたら、今度はいくら位の予算でどんなものをおくるべきかも悩みますよね。

親しい間柄の相手なら、どんなものが欲しいかリクエストを聞いてみるもの良いですが、こちらで選んで贈る場合は、以下を参考にしてみてください(^^)

スポンサードリンク

お歳暮の金額の目安は?

3000円~5000円が最も多い価格帯のようです。

控えめすぎる品物も、気持ちを誤解されやすいでしょうし、やみくもに高額なものを贈っても、相手を戸惑わせることにもなり得ます。相手との関係性にあわせた額を設定しましょう。

お歳暮はこの先何年も毎年贈るようになるので、送る相手が多い場合は、経済的な負担も考慮したいですね。

お歳暮でもらって嬉しいものは?

そして、もらって嬉しいお歳暮としては以下のようなものが人気です。

  • 商品券: 一番人気があるようです。
  • ビールやおつまみ: 普段は発泡酒ばかりという方に歓迎されます。
  • お肉やハム: 年末年始の贅沢として楽しむ方が多いです。
  • 日持ちのするお菓子: 来客の多い方に喜ばれます。

毎年贈るものですから、後に残らないもの、「消え物」を選ぶのが基本です。本来お歳暮は年末年始のための食料品を持ち寄る習慣だったこともあり、やはり食べ物・飲み物を贈るひとが多いでしょう。

その中でも人気を集める品に共通するのは「ちょっと高級」ということです。「自分ではわざわざ買わないけど、頂くと嬉しい」と感じるもの。ビールでも、普段使いではないプレミアムと名が付く贅沢なもの、お肉もブランドになっているものなどですね(^^)

スポンサードリンク

年末年始は普段と違う特別な時期という雰囲気があるので、「ちょっと贅沢」な食卓にしたい気持ちになるもの。また、帰省や来客など人が集まることも多いため、食べ物・飲み物だとみんなで楽しめるというのもポイントです。

そして、食べ物以外で人気を独占しているのが「商品券(金券)」です。

お歳暮でもらって嬉しくないものは?

その逆の、もらって嬉しくないものも知っておきたいですよね。

こちらに挙げられるものに共通するのは、好みが分かれるものや置き場所に困るもの、調理に手間が掛かったり、日持ちしない物。以下のようなものは「嬉しくない」と思われるようです。

  • 商品券: 金額があからさますぎて戸惑う人もいます。
  • タオルや食器: 残るものなので、好みに合わないと迷惑です。
  • インスタントコーヒー: コーヒー好きは豆にこだわるので、インスタントは飲みません。
  • 洗剤セット: 銘柄を決めて使っている場合、違うものだと使わずに置き場所だけとられます。
  • 大量の特産品など: りんご50個!など、消費が大変な食べ物の送り方も困ってしまいます。

もらって嬉しいとされていた「商品券」が、こちらにも入っていますね!確かに、有って困るものではないので無難なのかもしれませんが、個人的な気持ちとして、わたしは頂いても嬉しく感じません(^^;)温かみに欠けるというか...選ぶのが面倒だったのかな?と。わたしと同じように感じるひとも多いようですね。

逆に、「嬉しくない」に入っている洗剤セットは、「銘柄は何でも構わず使うし、無くなれば買ってでも使うものだから助かるわ!」と喜ばれる場合も多いです。同様にお酒の場合も、飲めないひとに送っても、持て余すから他のものがよかったと思われるはずです。

決して一般論の形式的なものにせず、贈る相手それぞれに「自分たちを想って選んでくれたんだろうな」と感じてもらえるようなお歳暮にしたいですね。

まとめ

高額であればよいということではありません。また、同じ品物でも、相手によって喜ばれることもあればがっかりされることも。

何より相手の好みやライフスタイルを考えて選ぶこと、金額もお互いに負担にならない範囲におさめることが、この先も長く良いお付き合いをするためには大切ですね(^^)

スポンサードリンク

-お付き合い・マナー
-