まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

季節のイベント

バレンタインデー本来の意味とチョコを贈る由来。チョコ以外のプレゼントも◎

113366

小さい頃からテレビで見ていた「女の一生 バレンタイン」というキャッチフレーズのチョコレートのCMが忘れられません!

バレンタインは、「女性から男性へ愛を込めたチョコレートを渡す日」ということで刷り込まれているわたしたちですが、まわりがバレンタインだチョコレートだと騒いでいるのを見ると、ふと「チョコレート業界に踊らされてない?!そもそもキリスト教徒じゃないし!」とひねくれたく(笑)なりませんか?

そう、クリスマス同様バレンタインデーもキリスト教のもの。本来の意味、由来があります。バレンタインデーの由来には所説ありますが、その一番有力な説と、日本での「バレンタイン=チョコ」の起源を紹介します。

これを知っていれば、「踊らされている感」が少しやわらぐかも?!そして、チョコ以外をプレゼントするという選択肢もできそうです(^^)

スポンサードリンク
  

バレンタインデー本来の意味って?

バレンタインデー、正しくは「St.Valentine's Day」で、日本語にすると「聖バレンタインの日」という意味ですね。キリスト教の司祭であるバレンタインさんという人物を、聖人としてまつった日が2月14日ということです。

バレンタインの日がどうして愛を贈る日になったかという由来は、ローマ帝国時代までさかのぼります。

当時ローマでは「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」という理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止していました。しかし、それではかわいそうだと思い、こっそり兵士たちの結婚をとりもっていたのがバレンタイン司祭。このことがバレて司祭は処刑されてしまい、その日が2月14日だったので、キリスト教の記念日のひとつになりました。

これが伝承される間に、「聖バレンタイン司祭は愛し合うものたちの守護神」として欧米などに広まって、バレンタインデーには愛し合うひと同士がプレゼントを交換するようになったのが始まりです。

現在のアメリカやヨーロッパでは、バレンタインデーはカップルだけのものではなく、プレゼントを贈る相手は家族や友だち、日頃お世話になってる親しい人への感謝を込めて、というスタンスです。広い意味で愛を伝える日ですね(^^)

日本の義理チョコ、友チョコなんかはある意味これを守ってたりして?!

バレンタインにチョコを贈るのは日本だけ

本来のバレンタインデーは「プレゼントを交換」ということで、欧米では男性から女性へも贈りますし、贈る物もチョコレートに限らずお菓子や花やカードなんかだったりします。お菓子にはチョコも含まれるので「チョコはぜったい渡さない!」ってことではないけど、チョコ以外のものを贈ることの方が多いんですね。

スポンサードリンク

なので「女性から男性へ」「バレンタイン=チョコ」というのは日本式バレンタインデーといえます。この「バレンタインにはチョコ」を仕掛けたのがチョコレート屋さんというのは、なんとなくご存じですよね。

具体的には、一番最初は昭和11年のモロゾフ製菓が英字新聞に「バレンタインにはチョコレートを贈ろう」という宣伝を出し、そのあと森永や他メーカーも同様の宣伝を打ちました。そして日本チョコレート・ココア協会が「2月14日はチョコレートの日」と制定し、昭和50年ぐらいからだんだんと定着したという流れです。

何十年という歳月をかけて定着させてて、もはや伝統に近いというか、ある意味すごいですよね(笑)

日本がキリスト教になじみが薄いこともあり、キリスト教の祭事は本来の意味は置き去りでセールスに利用されがちです(^^;ホワイトデーなんて、キリスト教にもないまっさらなところから作っちゃってますもんね!商魂たくましい~!

バレンタインに贈りたいチョコ以外のプレゼント

じゃあチョコ業界に踊らされることなく、(キリスト教徒じゃないってことは目をつぶってw)本来の聖バレンタインデーのスタイルを守るなら、チョコ以外の贈り物が正解ということです。それも大物じゃなく、さりげないものがバレンタインらしいプレゼントといえます。

わたしたちの日本の女性が男性へプレゼントするとしたら、靴下なんかがおすすめです。

カジュアルな普段使いのソックスもいいし、スーツやネクタイを着る男性になら、ちょっと奮発してネクタイとソックスの色を合わせてセットで贈るのも素敵。靴下ってなかなかお金をかけないアイテムなので、ちょっといいものを贈ると喜ばれます!

読書家の男性には、好みのジャンルや作家さんの本とブックマーク(しおり)を贈ってみては。しおりも、いろんなデザイン、アイディアグッズがたくさんあるので選ぶのが楽しいですよ(^^)本は、活字がいっぱいのものに限らず、写真集だったり、趣味の実用書だったり、お相手に合わせて選べるのでおすすめです!

この時期チョコ売り場に群がる女性たちに違和感があるってひとは、知的で大人っぽいギフト選びを楽しんでみてください♪

もちろんプレゼントは品物だけじゃなく、一言気持ちを書いたカードを添えて、ですね(^^)

バレンタインの由来とチョコ以外のプレゼントのまとめ

2月14日のバレンタインデーは、本来キリスト教の聖人を祭った記念日。キリスト教圏の欧米でのバレンタインデーは、恋人に限らず家族や友人などまわりの親しい人に愛や感謝の気持ちを込めて、男性からも女性からもプレゼントを贈り合います。

女性からチョコレートを贈る日本独特のスタイルは、チョコレートメーカーによって定着したものなので、本来のバレンタインデーにしたがってチョコ以外のプレゼントを贈るのも素敵だと思いますよ(^^)

相手の趣味に合わせて、喜ばれそうなちょっとしたアイテム探しを楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

-季節のイベント
-