まいにち楽しく

仕事に家事に育児に遊び、忙しくも毎日をたのしく♪

住まい・暮らし

大掃除前に断捨離を成功させるコツ!その効果と不用品処分方法は?

2016/11/14

0b90d7f22681efa4c6ab1ad8537f90e3_s

今年も残り少なくなり、大掃除が気になり出しますね。

掃除の最大のコツは、ズバリ、物を減らすことです。掃除が大変に感じるひとは、大掃除の前に今から断捨離に挑戦しましょう。

その断捨離成功のコツとして、そのやり方や効果、不用品処分方法を紹介します。今年こそはお部屋も心もスッキリさせ、新しい自分で新年を迎えましょう(^^)

スポンサードリンク
  

大掃除前に断捨離を成功させるコツ

わたし自身、以前は片付けが苦手でした。子供のころから親に「片付けなさい!」と叱られ続けたタイプです(^^;それを変えたのは、一人暮らしを始めたときに目にした一言でした。

「使わないものを保管しているそのスペースにも、家賃が掛かっている」

「必要ないもの=ゴミにお金を払ってるなんて、悔しい!」と、わたしは思ったんです。社会に出て、一人暮らしをして初めて、「お金を稼ぐことって簡単じゃない」「頑張って稼いだお金なんだから、有意義に使いたい」という考えになっていたんですね。

この断捨離スイッチはひとそれぞれだと思いますが、一度物を減らしてみるとその気持ちよさに取りつかれて、物を減らすことが習慣になっていきます。

なので、まず一度、とにかく断捨離に取り掛かって捨ててみること。これがコツです。やる気というのは、物事に取り組んで初めて後から出てくるんだそうです。

その際、全部を一度にやろうとするのは無理があるので、「今日はここをやる」と区画を決めます。そうするとその区画がきれいに片付いた達成感で、「次はここ!」となりそうです。

ただし、その場所の物を他の場所に移動させただけ、ということのないように気をつけてくださいね。あくまで、不用品を手放して物を減らすためにやっていることを忘れずに!

そしてルールを決めましょう。
1年間触りもしなかったものは、迷いそうになってもエイッ!と捨てましょう。服、靴、子供のおもちゃ、今はもうしなくなった趣味の道具…「いつか使うかも」ではなく、「必要なときが来たらまた買えばいい」と思ってください。でも、実際捨ててしまうと捨てたことさえさえ思い出さないくらいなんですよね(^^)

思い出の品も、心にしっかり思い出を仕舞うことにして、物自体は手放してみてください。捨てることがつらいですか?あとにもお話ししますが、それは断捨離がうまく進んでいる証拠です。何でも簡単に気楽に捨てられるとしたら、また簡単に物を増やしてしまうんです。そのツラい気持ちを噛みしめつつ、自信をもって処分してくださいね。

断捨離の効果とは?

実際、ミニマリストやシンプルライフといった「持たない暮らし」を選ぶ人が増えていますね。やはりそれだけの良い効果があるということです。

まずは掃除が楽になって、億劫じゃなくなります。掃除ををしようとおもった時に、モノをどける作業から入るのは大変でも、掃除機をかける作業から入れたら、掃除の頻度も違ってくるはずです。

スポンサードリンク

そして、次から物を買うときは慎重に吟味する習慣がつきます。物が多かったときの掃除の苦労、片付かないことのストレス、断捨離で物を捨てるときのつらさ、これまでの自分がちょっと嫌になりますよね。

「なんでこんなに物を買いあつめて増やしちゃったんだろう」「捨てるの、物がかわいそうだな」というその気持ちは大切です。また同じつらさを繰り返さないように、無駄な買い物をしなくなります。

このように、断捨離でものを減らして整理すると、片付けや探しものに費やす時間を減らすことができたり、不要なものを買わなくなるので無駄な出費も減らせます。心とお財布ににゆとりができることが最大の魅力です。

ゆとりができた分、新しいことを取り込むことだってできますよ。以前の自分と今の自分は、関心があることが変わっていたりしますよね。古い自分を手放して、新しい自分を大切にしてあげましょう(^^)

不用品処分方法も断捨離成功のポイント

断捨離ができない一番の理由、「まだ使えるものなのにもったいない。」という気持ち、よくわかります。では「捨てる」じゃなくて、「必要としているところで使ってもらえる」なら手放そうと思えませんか?

今は不要になったものを誰かに譲る方法はたくさんあります。いくつか紹介しますので、自分の性格に合う手放し方を選んで断捨離をすすめましょう。

まずはオークションや、フリーマーケットへの出品です。ネットやスマホアプリで誰でも気軽にできます。自分で価格が決められるので、売れたときの利益が大きいですね。

でも、商品ごとに写真をとって出品ページを用意したり、梱包や発送などが面倒くさいという人も多いと思います。売れなければ、いつまでも家の中で場所を取ったままモヤモヤしますしね。

そんなにお金にならなくてもいいから一気に片づけるには、リサイクルショップに買い取ってもらいましょう。

山のように出た古着やどっしり重たい古本などを、この頃は自分で持ち込まなくても郵送でやりとり完結できるお店も多いです。その際の送料もお店が負担してくれます。

個人売買では送料がネックになる大きな家具・家電も、家まで来て査定・運び出ししてくれる地元のリサイクルショップが便利です。もし値が付かなくても、自分で捨てると逆に処分費用がかかったりすること思えば無料で持って行ってくれてラッキー!ということもありますよ。

また、お金じゃなくて、誰かのお役に立つことが嬉しいという人は寄付という選択もおすすめです。品物を持ち込める窓口のようなものが家の近くにみつからなくても、ネットで検索してみると寄付を受け付けている団体はたくさんあって、中には着払いで送ることができる場合もあります。

リサイクルショップでは再利用できるものがかなり限られているのに対して、ここで再利用できる品目は、意外と多いのもおすすめの理由です。

日本はものすごく恵まれている国です。自分の不用品を待っているひともいることを忘れずに、暮らしを見直したいですね。

断捨離成功のコツまとめ

断捨離のコツは、とりあえず捨てることで断捨離スイッチを入れること。「捨てられない!」という気持ちを捨て、新しい自分を手に入れましょう!

不用品を手放した自分もすっきり、それを手にした誰かもにっこりです(^^)

スポンサードリンク

-住まい・暮らし
-,